NEWS

『そらをあおぐ』プレミアムキャンプめしセット 販売開始!

【至福のBBQ開幕】2つ星ミシュランシェフの”渾身のプレミアム キャンプめし”

「もし⼀流のシェフがキャンプをしたら、どんな料理を振る舞うのだろう」。プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』は、そんなグルメな妄想をかたちにした、思わず空を仰いでしまうような味わいのBBQグルメセット。

⾃⾝も⼤のキャンプ好きである『ミシュランシェフ ⾼⽊⼀雄⽒』が、キャンプのための特別なメニューを⼿がけました。

「せっかくキャンプに来たのなら、家では作れないような特別な料理を作って⾷べたい」。そう思いつつも、テントなどの設営に時間を取られて、料理がおろそかになってしまうことも。

『そらをあおぐ』を持っていけば、そんな⼼配は無⽤。下ごしらえされた⼀流の⾷材を、あとは焼くだけ。さあ、⾄福の腹ごしらえを!

世界で活躍するミシュランシェフ
高木 一雄

【経歴】
2005年
・「京料理 たか木」をオープン。
2010年
・ミシュランガイド 2つ星獲得。
2012年
・弁当専門店「日日」、鍋専門店「好日」をオープン。
2013年
・鍋専門店「好日」 ミシュランガイド 1つ星獲得。
2015年
・インターコンチネンタルホテルグループ(IHG)アジア、中東、アフリカ(AMEA)の和食アンバサダーシェフ就任。
・フランス「La Liste」世界のベスト1000レストランで118位ランクイン。
2016年
・国際連合食糧農業機関(FAO)が開催するシンポジウムに日本政府の指名により参加。
・フランス「La Liste」世界のベスト1000レストランで62位ランクイン。
2019年
・フォーミュラ1(F1)シンガポールにゲストシェフとして参加。マンダリンオリエンタルホテルバンコクにおいて日本料理店Kinu by Takagiを監修。

なぜキャンプめしを作ったのかというと、まずコロナ禍によって飲⾷店や⾷品⽣産者、⽣産⼯場など⾷に関わる環境が⼤きく変化しました。
つまり、⼀⽣懸命に育てられた産地の⾷材や⾷のこだわりが⼈々に届けづらい状況になってしまい、料理⼈として「何かできないか?」という思いが頭の⽚隅に常にありました。

それと同時に、プライベートでは友人家族やその子供たちとBBQやキャンプに出かける機会が増えていました。ある⽇のBBQで、麹を使って仕込んだスペアリブと炊きたてのごはんをバクバク⾷べる⼦供たちの姿をみて、ハッとしたんです。⾃分にとっては当たり前の炭⽕を使った料理が、普段の⽣活では特別なものなんだと。

コロナ禍でもできるキャンプと炭⽕を使った料理は今の時代に合っていて、これは料理⼈が腕を振るえる新たなステージなのかもしれない。そう思った瞬間から、炭⽕・麹・出汁をテーマにしたキャンプめしが具体化していきました。

なぜ、炭⽕?
⾼⽊:⾁は炭⽕で焼くと全く味が変わります。網から無駄な脂が落ち、落ちた脂が炭で焼けて燻されることで、さらに美味しくなるからです。

なぜ、麹?
⾼⽊:⾷材を柔らかくすることは料理界におけるテーマの⼀つです。⾷材を柔らかくするために、⼀般的にハチミツや⽟ねぎなども使われますが、いま世界中の料理⼈が⽇本の麹に注⽬しています。麹には⾁の繊維を切断し柔らかくする酵素が含まれており、麹を使って熟成させた⾁は、本当に柔らかくジューシーになります。

なぜ、お出汁?
⾼⽊:『京料理たか⽊』で使っている出汁は、かつお節で有名な⿅児島県枕崎の『⾦七商店』さんが、お店のためだけに作ってくれた“まぐろ節”によるもの。もちろん、プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』にも同じ出汁を使い、⾷材に出汁の旨味を込めました。炭⽕とともに旨味が⾼じる、キャンプならではの味わいを是⾮楽しんでいただきたいです。

※金七商店さんは、2016年に行われた全国鰹節類品評即売会で、最高賞の農林水産大臣賞を受賞し、歴代最高のキロ3万3千円で落札されるなど、世界の名だたるシェフを魅了する鰹節製造会社です。

プレミアムキャンプめしセット
お品書き (二人前)

・国産豚の麹漬けスペアリブ (350g)
・鳥取和牛のトマト麹マリネ (200g)
・さざえのクリームリゾット (2個)
・出汁の旨味焼き野菜 (4種類)
・出汁香るほうれん草のスープ (300g)

⾼⽊シェフの⽬利きによる、すくすくと育った豚や⽜をはじめ、鮮度抜群の⿂介や農薬・化学肥料を極⼒使⽤しない野菜などを厳選。

麹や出汁によって⾷材の旨味を引き出した、プレミアムなキャンプめしセットです。焼き野菜は、旬の野菜が4種類⼊っています(発送時期により野菜の種類が異なります)。

やわらじゅわ〜。【国産豚の麹漬けスペアリブ】

焼くとカチカチになってしまう印象のスペアリブですが、このスペアリブは別格であり格別。想像以上に柔らかでジューシーなのです。

ひと⼿間もふた⼿間もかけて作られた味噌麹ベースに⾁をつけて熟成。

⼝に⼊れた瞬間ほのかに⾹る麹の⾹りと染み渡る⾁の旨味を感じられる絶品スペアリブです。

押しよせる旨味からの旨味。【⿃取和⽜のトマト麹マリネ】

和⾷の旨味は出汁、洋⾷の旨味はトマト。

独自に調合した⾃家製トマト麹は、まさに旨味の重ね技です。

このトマト麹を⾃然の中ですくすく育った⿃取県産の和⽜に絡めて、さらに旨味を凝縮させました。

スペアリブとはまた異なる、贅沢な味わいをお楽しみいただけます。

エレガントつぼ焼き。【さざえのクリームリゾット】

「さざえのクリームリゾットって何!?」。

その正体は実にエレガント。つぼ焼きしたさざえを⼀度くり抜き、お⽶とキノコを加えてクリームリゾットにしたものを、再び⾙殻に詰めました。

まぐろ節ベースの出汁を使った、コクと旨味を感じる味わい・・・。⾮常に⼿の込んだ料理なだけに、味はもちろん無条件に美味しいです。

これぞ無限スープ。【出汁⾹るほうれん草のスープ】

こだわりのほうれん草とじゃがいも、⽟ねぎなどを加えて、『京料理たか⽊』のまぐろ節ベースの出汁を贅沢に使いました。

出汁の⾹りと旨味を存分にお楽しみいただけるスープは、おかわりしたくなる逸品です。

BBQの野菜が主役級に。【出汁の旨味焼き野菜】

「野菜も⾷べたい!」。でもBBQで野菜を焼くとパサパサになったり、焦げて真っ⿊になったりしませんか?

そんなパサパサ&焦げやすい問題を解決しつつ、旬の野菜を存分に味わっていただけるよう、野菜に出汁を染み込ませた旨味たっぷり野菜の登場です!

『そらをあおぐ』第一弾 ミシュランシェフのプレミアムキャンプめしセットをぜひお楽しみください!